手汗止めるには?※ベタベタ手汗を抑える方法

手汗止める事ができないか本気で悩みました

私は本当に手汗に悩んでいました。

なにもしてないのに手汗が出る事もある位酷いんです。

緊張した時や、夏場の暑い時は汗が見える程でてきます。

 

夏場は手汗でスマホの画面が誤作動したり反応せず滑らない事もありました。

勉強したり本を読んだりしても、夢中になると本が湿っていたり。

本当に異常な手汗量に悩みました。

 

なぜ私だけこんなに手汗がでるんだろう?

このままだと本当に不便だし、握手するのも躊躇してしまいます。

 

「ずっと手汗を気にして生活するなんてイヤ過ぎる・・」

 

私は手汗の事を考えるとイライラして早くなんとかしたいと焦るようになりました。

私はどうしても手汗を止めたくて、手汗を止める方法を本気で調べました。

 

手汗の治療法も色々ありましたが、手術はお金も高額だし怖いので敬遠しました。

何か自宅でできる手汗を止める方法はないかと探していたら、ある方法を見つけました。

その方法試してから手汗が止まるようになり、以前よりも手汗を気にする事もなくなっていきました。

手汗を止める前に原因を調べてみた

なんで私の手だけこんなに手汗が出るんだろう?

本気で疑問に思ったので、手汗が増える根本的な原因を調べてみました。

 

精神的要因

精神的ストレスで交感神経が刺激されると手汗が出ます。

交感神経が敏感になり過剰に刺激されると手汗が多く出る多汗症になると言われています。

 

ホルモンバランスの乱れ

交感神経を支配する脳の部分は、ホルモン生成の指令を出す部分と同じなんです。

そのためホルモンバランスが乱れると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経の乱れが手汗が多くなる原因になる事もあります。

 

病気などの疾患

  • 甲状腺機能亢進症(バセドー病)
  • 褐色細胞腫
  • 糖尿病
  • 急性リウマチ
  • 生殖器障害
  • プランマー病
  • 甲状腺刺激ホルモン産出腫瘍

以上の様な病気は、多汗症を引き起こす可能性があります。


生活習慣の乱れ

味覚性多汗症というものがあります。

辛い食べ物食べ過ぎ、コーヒー飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎはカフェインやニコチンのせいで手汗を多くする可能性があります。

 

手汗が多く出てくる多汗症になる原因は以上のような事が考えられます。

問題になりそうな原因がある方は、手汗を止めるためにがんばって原因を改善しましょう。

手汗を止める方法は?

手術、投薬

手掌多汗症と呼ばれる症状の場合、医師に診てもらうのも一つの選択です。

手術後に症状が良くなった患者さんは多いです。

また医師に処方してもらえる薬や抑汗剤もあるので、時間がある方は皮膚科医師に相談してみましょう。

 

デオドラント

医薬部外品の手汗専用商品を試してみる。

自宅で気軽に手汗を止めるなら医薬部外品のデオドラントを使うのも一つの選択肢になります。

制汗クリームでは根本からの解決になりませんが、一時的な対策にはなります。

 

医薬部外品の手汗クリームを試してみた

私は皮膚科に通って根本から手汗を止める事を考えましたが、会社の仕事を休む事もできず。

ひとまず、自宅で何とかできる方法を探しました。

医薬部外品の手汗クリーム「テサラン」と言う商品を見つけました。

72時間手汗を抑えるというキャッチコピーの商品でした。

普通に怪しいとは思いましたが、以外と口コミで評価も良かったのでテサランをお試しする事にしました。

手汗を一時的に止める事ができました

実際に、テサランを毎日使ってからは、手汗をある程度は止める事ができました。

私の場合、72時間と言うのはムリでしたが、半日位は手汗が明らかに減少しました。

効果は個人差があると思いますが、脇のデオドラント感覚で使うといいのかな?と思いました。

 

テサランで手汗が完全に止めるのはムリですが、ある程度抑える事はできました。

とりあえず目先の手汗対策はテサランで大丈夫なので、今後は根本的な解決のために皮膚科に行き解決策を探りたいと持っています。

 

今では日中なら手汗の事を忘れる事もある位、手汗が気にならない時もあります。

私はテサランを使う事で前向きな気持ちで毎日過ごせるようになりました。

 

テサランの詳細を見てみる>>

 

テサランで手汗を止める>>